--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-27

肥満とは

標準体重を20%以上越えたものを肥満といいます。


肥満を医学的に分析する

医学的に肥満を言い表しますと、脂肪細胞の数が増えたり、細胞自体が大きくなる状態と言えます。脂肪組織には、食べ過ぎによる余分なカロリーを脂肪として蓄積する『白色脂肪細胞』とエネルギーを放出する働きがある『褐色脂肪細胞』があります。となりますと、肥満に関係するのは白色脂肪細胞ということになります。この細胞の特徴は


1.脂肪滴を貯め込むようになる。 

2.脂肪滴が大きくなっても細胞が膨れ上がり、分裂・増殖してしまう。

ネズミの実験では、老齢化したもの以外でこの現象が見られたようです。人間の場合は、全身の脂肪細胞の数は通常2~3億個ですが、太った人は1000億以上にもなり、体積が100倍以上になる細胞もあると言います。これはものすごい事ですよね。体型が変わってしまう理由が分かりますね。

そして、若い頃に肥満になると早くから脂肪細胞の数が増え、その後の肥満の素地になるとみられる、と言われます。カロリーが増えるにつれ、脂肪を貯めるタンクである脂肪細胞がさらに、その予備軍を雪だるま式に増やしていくようです。

要するに、肥満の悪循環が形成されるのです


どのような人が肥満なのか?

肥満かどうかは、「BMI」と「体脂肪率」において基準があります。BMIでは、25以上の人が肥満と言えます。また、体脂肪率では以下のような基準があります。


男性:25%以上 
女性:30%以上 


このような条件に当てはまる方は肥満と言えます。


かくれ肥満

以上の条件は、見た目を基準にしていないところに特徴があります。よって、見た目には細い体つきをしていても、BMIや体脂肪率で見ると肥満に当てはまる人がいます。そのような状態を隠れ肥満と呼びます。隠れ肥満の人は、体が細いにも拘らず脂肪がたくさん付いている状態ですので、筋肉量が少なく、基礎代謝が低い傾向にあります。よって、ダイエットなどにおいてもなかなか成果が上がらないなど、かなり厳しい環境におかれています。

FC2 美容人気サイトランク

スポンサーサイト

2006-11-20

基礎代謝を上げよう

高める条件

1.体温を上げる

2.筋肉をつける

3.肺活量を増やす

4.マグネシウムを摂る

5.適度に体を動かす

6.塩分を控えたりカリウムを摂る

7.血流を良くする

8.カフェインを摂る

9.カプサイシンを摂る(唐辛子、キムチなど)

10.青魚(EPA、DHA)を摂る

11.運動後に高タンパク質食品を摂る

12.冬場の室温は20~22度くらいに設定する。室温を高くしすぎると体が熱を作らす基礎代謝が低下する

13.夏場なら冷房の効いた部屋にずっといる、冬場なら暖房の効いた部屋にずっといるということは避け、窓を開け放して掃除をするなど、時には冷暖房を止めて外気温を感じる機会を多く作る

14.ストレッチなどを日課にして体を柔軟にする。→筋肉が柔らかくなると血流が良くなり代謝が向上する

15.柑橘系の香りを嗅ぐ(特にグレープフルーツのエセンシャルオイルなどがお薦め)→自律神経の働きを良くすることにより代謝が向上

16.ローズマリー、フェンネルなどのハーブティーを飲む


基礎代謝向上のポイント

・有酸素運動などで直接脂肪を燃やさなくても、普段の姿勢や歩き方を少し変えるだけで地道にコツコツ筋力をアップさせることができます

・辛い運動をしなくてもストレッチやアイソメトリックス(筋肉緊張ダイエットや7秒体操といわれるもの)を続ければ今まで眠っていた筋肉を呼び覚まし、今までよりも安静時の基礎代謝をアップできます。

・心肺機能を高めるにはウォーキングなどの有酸素運動は効果的ですし、1日何回か意識して深呼吸をするだけでも効果があります

・普段の姿勢が猫背で下腹部を付きだしていると肺活量も少なくなり腹筋も使わないためにお腹に脂肪を蓄えやすくなりますが、正しい姿勢で下腹部を引いた姿勢でいるだけでも、肺活量を増やし、自然に腹筋を鍛える事にも繋がります


2006-11-19

乾燥肌について

乾燥肌とは、肌から必要以上に水分が蒸発してしまう現象です。そうなってしまうと、口元や目元の肌が荒れてきて、ウイルスやなどの外敵に弱くなってしまい、見た目的にも美しさを欠いてしまいます。



なぜ乾燥肌になるのか

肌が乾燥すると角質がめくれあがり、さらに細胞の間を埋めているはずの脂質が不足して、表皮はあれた状態になっています。そこに、チャンスとばかりに刺激物質が侵入!すると体調やストレスなど内側からの刺激も受けやすくなり、さまざまな肌トラブルが起きてしまうのです。肌のバリア機能を低下させる乾燥は、敏感肌にとって一大事なのです。



乾燥肌の原因

目もと・口もとは皮脂の分泌が少なく、他の部分と比べても乾燥しやすい部分です。とくに目もとは皮ふそのものが薄いため、角質層も薄く、バリア機能も低いのですが、まばたきなど動きが激しいため、小じわができやすくなっています。目もとの肌あれや小じわは、目のまわりや目の下のくまを目立たせる原因にもなるので、ていねいなスキンケアで、日ごろからよいコンディションを保っておきたい部分です。

唇は粘膜に近い構造をもつため、角質層が未発達で、水分を保持する機能が十分に備わっていません。また、皮脂腺や汗腺もないので皮脂膜をつくることができず、さらに、メラニン色素が少ないので紫外線から受ける影響も大きく、とてもデリケートな部分です。唇をなめたり噛んだりといった私たちの何気ないしぐさも、知らず知らずのうちに唇の乾燥を助長させてしまいます。

FC2 美容人気サイトランク

2006-11-19

日常生活での消費cal

50kgの女性の場合(単位kcal)

1時間辺りの消費cal

・睡眠 46   

・座位で読書 62   

・立ち話 68   

・食事 73   

・自動車の運転 78   

・デスクワーク 81  

・電車で直立 103   

・散歩 124   

・歩く 154   

・入浴 165   

・自転車 178 

・掃除、雑巾がけ 221   

・急ぎ足、ウォーキング 221   

・サイクリング(10km/時) 216 

・ラジオ体操 221   

・エアロビクス 246 

・ハイキング(平地) 197  

・ハイキング(山地) 270  
 
・階段を昇る 365
 
・ジョギング(120m/分) 340  

・ジョギング(160m/分) 459 
 
・ランニング(200m/分) 626
 
・水泳(平泳ぎ) 532 
 
・水泳(クロール) 1010 
 
・縄跳び(60~70回/分) 435 

・ウエイトトレーニング 513 
 
・ゴルフ(丘陵) 291 


FC2 美容人気サイトランク

2006-11-14

有酸素運動と無酸素運動

ダイエットに関しては、有酸素運動だけが重要だと思われている方がいらっしゃるかと思いますが、実は、有酸素運動も無酸素運動も重要なのです。両運動の特徴をしっかり捉えてうまく利用していきたいですね。


有酸素運動の特徴

消費エネルギーを増やし、体脂肪を減らすします。体重を落とす事を目的とします

この運動では、呼吸をしっかりとすることで酸素を取り込みながら行います。イメージとしては、ウォーキング・エアロビクス・水泳のようなものになります。この運動は持久力に優れた赤筋(遅筋)を使った動きなので「あまり力を使わず、長時間できる」といった特徴を持ち合わせています。体重が落ちるまでの過程を具体的に見てみましょう。


ウォーキング等のような有酸素運動を行う

酸素を取り込みながらゆっくりエネルギーを消費する

この運動は糖質に対して脂肪を消費しエネルギーを引き出す

体脂肪が減る=痩せる


このように有酸素運動はダイエットの天敵である体脂肪を落とすという最大のダイエット効果があります。他にも体の負担が無酸素運動に比べて少ないので、筋肉痛の回復が早く、体力的にも継続して行いやすいというメリットがあります


一方で、無酸素運動に比べて、代謝能力は一時的であり消費calも少なめというデメリットもあります。なので、継続して行うことが大切なのです。


無酸素運動の特徴

無酸素運動とは呼吸を使わない運動のことです。イメージとしては、短距離走・腕立て伏せなどの筋トレのようなものになります。この運動は瞬発力に優れた白筋を使った動きなので「瞬間的に素早く動いたり、めいいっぱいの力を必要とする」といった特徴を持ち合わせています。

無酸素運動は筋肉を増やす働きがあるので、太りにくい体質を作るという最大の効果があります。一方、激しい動きをしなくてはならないので体に対する負担が大きく、続けていくには体力的に辛いと感じやすいデメリットもあります。


FC2 美容人気サイトランク

2006-11-03

毛穴の黒ずみ除去

①ぬるま湯で十分洗顔してください。(洗顔料は良く泡立ててお使いください。)

②洗顔後、蒸しタオルを毛穴の気になるところにのせ約5分間そのままでお待ちください。

③蒸しタオルの効果により、開いた毛穴から汚れや皮脂が浮き出てきますので、タオルできれいに
ふき取ってください。

●毛穴ケアに重点を置いた化粧品
タカミレシピシリーズ


FC2 美容人気サイトランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。