--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-30

おからダイエット

おからダイエットとは

低カロリーで栄養豊富、食物繊維もたっぷりなおからを食べて痩せようという方法です。難しいことは考えずに、1日3食、ご飯の量を減らしてその分おからを食べるだけです。おからの健康効果に期待したダイエット法となっています。



おからの効果とは

では、そのおからの効果を見ていきましょう。おからは、健康的にもダイエット的にも家計的にも最高の食品だと思います

おから100gで、11.5gの食物繊維(食物繊維の1日の目標摂取量は成人で20~25gとされています)

大豆に含まれている栄養がほぼそのまま
ダイエットに嬉しい成分の大豆ペプチド。美肌や女性ホルモンバランスを整えてくれるイソフラボン。腸内の善玉菌を高めてくれる大豆オリゴ糖。肥大した絨毛を、正常に戻す働きをしてくれる大豆サポニン


健康成分の宝庫です。



おからの取り方

おからダイエットで一番苦労するのがこの摂取方法だと思います。おからなんて普段使わないし・・・という人も多いかと思います。そこで便利なのが、最近流行している豆乳おからダイエットクッキーです。豆乳おからダイエットクッキーは、摂取カロリーを抑えるだけでなく、ダイエットするための必要な栄養素を含んでおり、代謝力を高めて痩せやすい身体を作ります。クッキーを噛むことで、満腹感を得られます。おからは、体内に入ると約 3 倍に膨らみます。それこそ、少しお腹がすいたなと思ったら、1枚。そういった形で食べてもカロリーはさほど、気になりません。



おからダイエットの評価

おからは単品で摂るのではなく、色んな食事と混ぜて摂ったほうが効果的です。そのほうが飽きもこないですし、長続きすると思います。

FC2 美容人気サイトランク
スポンサーサイト

2006-12-19

食事で美肌

美肌の持ち主が現在の状態を維持するには、ビタミンやミネラルに富んだ食事を少量ずつバランス良く摂取することが大切です。

・緑黄色野菜
にんじん、ブロッコリーなど

・柑橘類
ミカン、グレープフルーツ、レモンなど

・貝類
アサリ、シジミ、ハマグリなど

・海藻類
ノリ、ワカメ、ヒジキ、モズクなど

インスタントラーメンやレトルト食品、缶ジュース、缶コーヒー、炭酸飲料、スナックなどは、糖分や塩分のとり過ぎにつながりますのでやめましょう。中華料理など揚げ物や大量の油をつかった料理は極力減らすようにします。外食は、味の濃いものが多く、油ものも多いので極力避けましょう。

2006-12-18

毛穴の開き対策

はがすタイプの毛穴パックのしすぎに注意です。皮脂腺を刺激しすぎて皮脂分泌を活発化させるため、返って逆効果です。また、乾燥もしやすくなるので避けたほうがいいですね。毛穴そのものよりも、毛穴の出口周辺の角質が厚くならないようなスキンケアが大切です。また、油分をとり過ぎない洗顔方法や洗顔料を選んでください。そして化粧水をタップリと与えてしっかり保湿してください。

2006-12-15

毛穴の開きの原因

頬の内側の毛穴の開きは30歳を超えると突然目立ってきます。これは、老化によって肌のハリが失われていくためにだんだんと毛穴が開いてくるのです。遺伝も大きく影響しますので、両親のどちらかに毛穴の開きが目立つ人は、同じく毛穴が目立ちやすいということもあります

また毛穴のつまりは、乾燥や洗いすぎなどによって水分量が低下してしまい、角質部分が厚くなって毛穴の出口が角質にふさがれてつまりやすくなってしまうのです。毛穴の開きや毛穴のつまりが気になる人は、肌を乾燥させないことと、水分量をあげるスキンケアを早めにしていきましょう。


原因

肌の水分量が減ってしまい、角質部分が厚くなって毛穴がつまります。乾燥から肌を守ろうとして、角質部分が厚くなって毛穴がつまってしまいます。老化によって、肌の弾力・ハリが失われて毛穴が開きます


美容サイトランクを見る

2006-12-11

肥満のデメリット

肥満は見た目だけでなく体の機能にも非常に悪い影響を与えます。ここでその影響を把握しておき、ダイエットへのモチベーションへ繋げましょう。


・2型糖尿病・耐糖能異常
・脂質代謝異常
・高血圧
・高尿酸血症・痛風
・冠動脈疾患:心筋梗塞・狭心症
・脳梗塞:脳血栓症・一過性虚血発作
・睡眠時無呼吸症候群・Pickwick症候群
・脂肪肝
・整形外科的疾患:変形性関節症・腰椎症
・月経異常


どれもものすごく怖い病気ですね。さらにこの病気に伴う合併症の確率も肥満者は高くなっております。肥満者が合併症を起こす確率は、正常体重者に比べて糖尿病:約5倍、高血圧:約3.5倍 と言われています。これを放置し内臓脂肪が更に蓄積し肥満症が進むと生活習慣病が進行し、やがて冠動脈疾患などにつながっていく可能性が高まります。

肥満が原因でこんな恐ろしいことが起こるのです。

FC2 美容人気サイトランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。