--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-19

半身浴ダイエット

こんな人に効果的!

下半身太り、特にお尻から太ももにかけて『セルライト』が気になる場合は、『半身浴』が効果的です

セルライトとは、体重増加やホルモンバランスの変化、老化などによって、血行不良や脂肪の代謝不良がおき、体外に排出されなかった老廃物や水分が皮下脂肪(脂肪細胞)に付着してできた塊です。厄介なことに、この塊、一度できてしまうと簡単には落とせません。また時間が経てば経つほど状態は悪化します。 このセルライト、基本的には男性にはつきにくく、女性につきやすいものです。


半身浴ダイエットは、このセルライトを取るというよりも、付きにくくするものだと思って頂きたいと思います。セルライト生成には冷えとむくみが深くかかわっているので、この両方に効く半身浴はセルライト撃退に大変高い効果があります。


美容サイトランクを見る
スポンサーサイト

2007-02-18

くま対策

血行をよくする

「冷やすといい」というのは俗説です。できるだけ、熱くない程度の蒸しタオルを、そっと目の上にのせて血流をよくするようにしてください。この部分は皮膚が薄いのであまりマッサージなどで擦ってしまうのは、あまりおすすめできません。


食事にも気をつけて、できるだけ脂っこいものを控えてヘルシーな食事にしてください。 くまを隠すためのコンシーラーやスポッツなどは、あまり頻繁に使わないようにしてくださいね。クマの上に色素沈着を起こしてしまい、さらに「くま」が目立ってしまうことがあります。


血行促進作用・抗酸化作用、アミノ酸・NMF(天然保湿因子)成分配合した化粧品を毎日のスキンケア(お手入れ)にプラスすると、だんだん目立たなくなり効果的です。 「クマ」の解消には時間がかかりますので、これらを取り入れて継続して、お手入れしていくことが大切です。



体質改善

体質改善には適度な運動と、バランスのよい食事、規則正しい生活です。仕事や生活のストレスをなくせるように、何か熱中できるものを持っておくのも良いでしょう。

FC2 美容人気サイトランク

2007-02-17

食事で美肌

美肌の持ち主が現在の状態を維持するには、ビタミンやミネラルに富んだ食事を少量ずつバランス良く摂取することが大切です。

・緑黄色野菜
にんじん、ブロッコリーなど

・柑橘類
ミカン、グレープフルーツ、レモンなど

・貝類
アサリ、シジミ、ハマグリなど

・海藻類
ノリ、ワカメ、ヒジキ、モズクなど

インスタントラーメンやレトルト食品、缶ジュース、缶コーヒー、炭酸飲料、スナックなどは、糖分や塩分のとり過ぎにつながりますのでやめましょう。中華料理など揚げ物や大量の油をつかった料理は極力減らすようにします。外食は、味の濃いものが多く、油ものも多いので極力避けましょう。

FC2美容サイトランク

2007-02-17

肌タイプ

脂性肌とは


脂性肌は、角質層内の水分は正常ですが、皮脂の分泌が比較的多いことが特徴です。見た目には、肌に艶がありますが、皮脂分泌が過剰なため水分はどんどん蒸発し、油分だけが残り、肌のテカテカが目立つようになります。あまり過剰に分泌され続けると常に毛穴が開き気味のため、毛穴を詰まらせ、細菌(アクネ菌)がそこで繁殖し、炎症細胞(白血球・リンパ球)を刺激して炎症を起こし、皮脂型ニキビ(赤ニキビ)や吹き出物ができやすい原因となります。


一般的に額や鼻にかけてのTゾーンは皮脂腺の数が他の部位より多いため皮脂分泌が多く、逆に目元や口元は乾燥しているという混合肌の人が多いようです。

FC2美容サイトランク

2007-02-15

くまの原因

クマは紫外線による色素沈着、血流不良、遺伝、自律神経の変調などが原因でおこるといわれています。目の周りの皮膚は他の部分と比べて薄いので疲れやストレスで血液の循環が悪くなると黒ずんだように見えます。

また、目の周りはお肌の中でももっとも敏感で、乾燥しやすいところですので、お肌に負担をかけたり、化粧品などの影響がでやすいところです。自分に合った化粧品を選んで生きたいところです。

2007-02-09

乾燥肌の原因

肌を保護してくれる皮脂膜がきちんと作れなくなると乾燥肌になります。この皮脂膜は色々なことが原因で損傷されますので、その原因をピックアップしていきます。



寝不足、疲労、ストレス

寝不足、疲労、ストレスによって、さまざまな体のバランスをくずしてしまうのも原因のひとつです。血行不良で、お肌に栄養をとどけるための血液の流れが悪くなり、乾燥や肌あれが生じるの。規則正しい生活をおくって、あまり無理はしないようにしましょう。

美容サイトランクを見る

2007-02-08

乾燥肌の原因2

乾燥肌の目的を考えてみるとこれは、体の中の毒素を体の外に追いやるために、血管から毛細血管を通して、その毒素を肌から出すことにより体を浄化させようとする働きになります


その毒素が表面に現れた時に肌の表面がカサカサするのです。これは血液がドロドロで汚れていることが原因です。血液が汚れてしまう原因は色々ありますが、一番の原因は食べすぎです。食べ過ぎると腸で食物をうまく分解できず、未消化の状態で血液中に入り込んでしまいます。

美容サイトランクを見る

2007-02-07

シミの原因

シミの原因のほとんどは、紫外線による色素沈着です。また、メイクアップ用化粧品の色素が沈着してできたり、保湿がうまくいってなくてお肌が過乾燥してできることもあります。特に、色素細胞と呼ばれるメラノサイトがメラニンになり、これが沈着するとシミになります。通常これらのメラニンは生成されても新陳代謝により、表皮の方へと持ち上げられ、無くなって行くはずなのですが、それが何らかの原因で沈着した場合がシミになります。その具体的な原因は


①紫外線など外部からの刺激を受けたり、ホルモンバランスが崩れる。

②肌を保護するために色素細胞(メラノサイト)が活性化。

③刺激を受けすぎメラニンが大量に発生。

④肌が老化しメラニンが新陳代謝せず、皮膚の深いところに残る

2007-02-06

シワの原因

細かいものは表皮、大きく深いものは真皮の結合組織の柔軟性の低下が原因となります。ではどうして柔軟性が低下するのでしょう。一般的に目に紫外線やコラーゲンなどが関係しているということが言われていますよね。でも他にも色々あるんです。


皮膚へ運動負荷を減らす=お喋りの人ほどシワが多い
外的負荷を減らす=擦るほどシワが増える
紫外線を避ける=露出部位ほどシワが深い
徐々に太る=肥満に合わせて皮膚が拡張する為痩せたらひどく弛む

偏った栄養補給をしない=成長が完成した後は過剰な蛋白を摂取しない


シワの目立つ処ってやはり露出部位ですよね。大きく深いものの変化は真皮におこります。下図の説明にあるようにコラーゲンやプロテオグリカンなども関係しますが特には弾性繊維です。弾性繊維は真皮に網の目のようにはりめぐらされ楽器の弦のようにピンと張り、肌に弾力性と柔軟性を与えています。これが日光により壊され皮膚がたるみ良く動く目尻や口元から次第にシワがより始めます。


美容サイトランクを見る

2007-02-05

たるみの原因

真皮のコラーゲンや筋肉の収縮力が衰退した為です。対策として保湿と紫外線カットが重要です。

皮膚にハリと弾力がなくなってヨボヨボしている状態、これを皮膚のたるみと呼んでいます。人間の皮膚は上から表皮、真皮があります。それぞれが重要な役割を果たしていますが、特に真皮にはヒアルロン酸やコラーゲンといった水分を維持し、肌の潤いやハリに重要な役割を果たす成分が含まれています。


真皮にあって肌の弾力に関係しているコラーゲン、エラスチンの変化は、肌のたるみにも影響してきます。


人間は年齢とともに皮膚のコラーゲン量が減り弾力性が無くなってきます。それに顔と言うのは一日中よく動かして表情を表しています。特に目の周りや、頬、口の周りには大切な表情筋があり、その部分の皮膚は良く引っ張られています。

美容サイトランクを見る

2007-02-04

乾燥肌対策・お風呂編

お風呂は、お肌の血行をよくしたり、新陳代謝をたかめてくれるだけでなく、汗腺を刺激して毛穴をひらき、お肌の奥につまった細かな汚れまでも落としてくれます。しかし、お風呂は体をキレイにしてくれる一方でお肌の水分を保つのに必要な皮脂までうばってしまうという難点があります。乾燥肌の人にとっては、これが大きな問題になってくるのですので、きちんとした入り方をマスターしましょう。



ぬるめのお風呂に入る

熱いお風呂に入るとさっぱりして気持ちが良いですが、肌の乾燥の原因となり、ハリもなくなります。洗顔、お風呂ともに熱いお湯は、肌に必要な油分までが洗い流され、乾燥してしまいます。ちょっとぬるめのお湯(38度~39度)でゆっくり浸かるようにすると、体がしんから温まり、血行がよくなります。

美容サイトランクを見る

2007-02-03

シミ対策

角質層を正常な薄さ、正常なターンオーバーの維持づくりと、それから老化予防・美白成分を補う事が大切です



ノンオイルの自然派を使用

クレンジング選び、合成界面活性剤、香料、色素、防腐剤(パラベン)などができるだけ配合されてないもの、少ないものを使用しましょう。合成添加物は、角質肥厚や皮脂腺の異常の要因です。またクレンジングは、ノンオイルのものがいいでしょう。オイル系は、 皮膚内に浸透しやすく酸化されやすい物質です。アブラが酸化すると過酸化脂質に変化しよりしみの原因や弾力繊維が破壊されシワたるみの原因にもなります。

美容サイトランクを見る

2007-02-02

乾燥肌対策・食事編

身近な方法で乾燥肌にならない予防策としては第一にやることは、食事として6大栄養素をバランスよく食する事に有ります。6大栄養素とは、糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維の事です。


バランスを第一に考え食事に注意して下さい。最近では乾燥肌、肌荒れがひどい方の為に美容健康食品(サプリメント)で補う方法もあります。特に鶏のトサカから抽出された天然ヒアルロン酸や魚の硬質ウロコ(スカール)から抽出されたスカールコラーゲンや豚の表皮から抽出された豚コラーゲンなどもお肌の真皮に影響を与え、ハリと潤いのある肌作りに役立ちます。コラーゲンを摂取する時のポイントはビタミンCを多く含む食品(レモン・アセロラ)と一緒にとることによりコラーゲンの体内での吸収(キレート効果)を助けます。


特に乾燥肌に良いとされている栄養素は、


ベータカロチン:にんじんなど
ビタミンC:果物など
イソフラボン(大豆など)


などです

美容サイトランクを見る

2007-02-01

シワ対策

筋肉のバランスを整えるようなストレッチをしましょう。


顔の筋肉をほぐす

1.頬の真ん中のへこむところを探します。押さえると少し痛いところが側頭筋と咬筋を一度に刺激できるポイントです。

2.その部分を親指で押さえ、他の指は頭の後ろへ置きます。

3.後ろにまわした手の形はそのままに…。

4.次に、親指で筋肉を持ち上げるようにします。

5.そのまま「あいうえお」を大きくゆっくり口を開けて発声してください。声を出す時に手の形は変えないようにしてください。



顔の筋肉を鍛える

1.あごの骨の内側に親指をかけます。

2.他の指で頬骨を押さえしっかり固定します。

3.このままの状態で口を縦に開け閉めしてください。

4.さらに口を横にも動かしてください。普段噛んでいない方向へ重点的に行ってください。

美容サイトランクを見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。