--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-09-03

シミそばかす対策

日光紫外線対策

シミのほとんどが日光による影響を受けています。特に日光の中に含まれる紫外線が一番の大敵です。オゾン層の破壊が進み、紫外線量は昔に比べ増えていると言われますので、シミに悩む人も今後どんどん増えてしまう可能性があります。
予防という意味でも、治療後の再発防止という観点からも、日焼け止めクリーム(サンスクリーン剤)をこまめに利用することが大切です。腕の日焼け対策としては長袖を着ること。顔や首の場合は日傘や帽子を使って直射日光を出来るだけ避けるようにしましょう。


シミそばかすの治療

一度出来たシミを消すのは家庭では難しく、皮膚科や美容外科で治療をすることになります。


美白化粧品
市販されている美白化粧品にはどのような成分と効用があるのでしょうか?

紫外線カット
紫外線を防止してメラニンの生成を防ぐ、UVカット

ターンオーバー促進
表皮のターンオーバーを促進し、溜まっているメラニンを排出させる狙いを持った成分

メラニン沈着抑制
ビタミンCやその誘導体などは、メラニンが皮膚細胞中に留まるのを防止します。

色素生成阻害
メラニンが作られるのを邪魔する成分としては、コウジ酸、アルブチン、など様々な成分が発見、開発されています。 これらはあくまでも化粧品であって有効性が十分に発揮されるとはかぎりません。最も多い老人性のシミにはあまり期待できないのも難点です。肝斑には試してみる価値があります。


レーザー治療
シミの外科的治療としては、レーザー光を当ててシミの部分を取り去ってしまう治療が主流です。レーザーにはメラニン色素に反応して熱を発生しその部分を破壊するというわけです。レーザーには傷を治す力を高める作用もあるので再生しやすいともいわれています。ただし、肝斑に対してはレーザー治療は向いていないとされているので注意が必要です。効かないだけでなく悪化させてしまう可能性も指摘されています。


ケミカルピーリング、トレチノイ療法
ケミカルピーリングは、皮膚の表面を剥がす治療です。表面を剥がすと古くなった表皮や溜まってしまったメラニンが除去できるとともに、新しい綺麗な皮膚が再生されてきます。
ピーリング後は皮膚が薄く、紫外線にとても弱くなっているので、紫外線対策は万全にしましょう。
トレチノインはビタミンAの誘導体で、表皮のターンオーバーを促進させるのでシミを薄くする効果があります。


FC2 美容人気サイトランク
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akirei.blog53.fc2.com/tb.php/11-70d0ac76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。