--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-25

髪の手入れ

シャンプーの仕方

シャンプーをする時はまず髪を濡らしますが、濡らすときはしっかり芯まで濡らしましょう。 シャンプー剤の悪影響を少しでも減らすために髪の芯まで水分を与えてあげる事が大事です。 これには髪の汚れを落とすという役割も兼ね備えています。 髪の汚れのほとんどは空気中のほこりやゴミ、スタイリング剤などです。 しっかり髪を濡らすことでこれらの汚れを洗い流すことができ、シャンプーの泡立ちを良くすることにつながります。


地肌から出た皮脂やその他スタイリング剤の油分を落とすために地肌をマッサージするように洗っていきます。 このときはなるべく爪を立てないように気をつけましょう。地肌がかゆい時、 爪を立てて洗うと気持ち良いのですが、刺激が強すぎて地肌を傷つけてしまい、 髪の生育を妨げてしまうことになります


最後に、泡を流すときはとにかくしっかりと、地肌に指を通すようにシャワーで洗い流しましょう。 リンスインタイプのシャンプー剤も同じ要領です。前から後ろ、後ろから前に指を通しましょう。シャンプーの残りは髪の発育に非常に悪い影響を及ぼします。



トリートメント

リンスもトリートメントも基本的には同じ成分で出来ています。髪は濡れるとマイナスに帯電します。 プラスのものをつけると良く吸着してくれるので、キューティクルをカバーするために、 リンスやトリートメントを付けるのですが余りたくさん使わず少しの量を毛先を中心に手ぐしで通すように付けます。 基本的には地肌につけないことがふけや脱毛を押さえるコツです。リンス&トリートメントはすぐに流しても大丈夫です。 なるべくしっかりと流しましょう。



ドライヤー

タオルドライが終わったらまず、ドライヤーの熱から髪を守るミストやフォームを毛先を中心に付けます。 ポイントは根元には何もつけないことです。 ついつい髪表面の根元から付いてしまいますが髪の毛先から付けるようにしまょう。 スタイリング剤は手にとり、よくのばして、手ぐしでとかすようにつけるとムラなくつきます。


一番乾きにくい後ろの襟足から乾かしましょう。乾かしやすいポーズは下に向いてドライヤーを上からかけるのがきれいな内巻きを作るベースになります。ポイントは根元を少し起こしてあげるように髪を持ち上げてブラシを入れることです。主に後ろから前に顔の周りに髪を集めるようにブラシをいれて乾かします。 80%程度乾いたら、自分の納めたいほうへ髪をとかしつけます。そうすると、大体の髪は内側に向いてくれます。


根元を起こすように乾かすと膨らんでしまうような気がしますが、 思ったより髪は膨らまないことがおわかりいただけると思います。 根元が少し膨らむとかえって毛先に髪が集まらず、やわらかい感じが出ますし、 シャギースタイルのように毛先を軽くしているヘアスタイルは特にお勧めです

FC2 美容人気サイトランク
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akirei.blog53.fc2.com/tb.php/14-7d54e3a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。