--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-25

オリーブオイル

髪に良いオイルの代表であるオリーブオイルについて見ていきましょう。

オリーブオイルとは(等級)

世界で生産されているオリーブオイルのうち、最高品質であるバージンオリーブオイルはおよそ10%であると言われています。従来オリーブオイルを鑑定する方法はテイスティングしかなく非常に主観的なものでしたが近代ではオリーブオイルの酸度を化学的に検査する方法も開発されています。

ここでは、その酸度を中心にオリーブオイルの等級について調べてみましょう。因みに、オリーブオイルの酸味はレモンや酢のように顕著にわかるものではありません。はっきりわかるものはオイルが非常に痛んでいたり、腐敗していることでしょう。


エクストラバージンオイル

言わずとも知れた最高級のオリーブオイルです。熱処理などを一切施していないバージンオイルで、酸度は100g中1gを超えない、または1%以下とされています。また、酸度がさらに低いエクストラバージンオイルもあります。

シングルエステート(単一畑)のオリーブによる一番搾り・コールドプレスのエクストラバージンオイルがほとんどを占めます。店頭販売の中では最高級で、価格も500mlあたり1千円~7千円とトップクラスです。この等級のオイルは香り、風味、色の全てが完璧であると評価された物です。


バージンオリーブオイル

バージンオイルは、酸度が2%以下とされています。しかしながら香り、風味、色が損なわれてはいけません。


オリーブオイル

精製オイルとバージンオイルをブレンドした物で、酸度は1.5%以下となっています。精製オリーブオイルには味も香りもない為、通常はバージンオイルを加えて風味をだします。その為、ぶれしたバージンオイルの量と風味によって、出来上がるオイルに違いがでます。

★日本では調味料の名称として「オリーブオイル」と呼びますが、本場イタリア等では等級の名称として扱われますので、現地では注意して呼ぶようにして下さい。(詳しくは「研究員物語」をお読み下さい。)


オリーブ残滓油

これは、水圧プレスや遠心分離によって大部分のオイルが搾り採られた後に残ったオリーブの搾りかすから採油した精製オイルです。酸度は1.5%を超えないとされています。普通のオリーブオイルと同様、エクスとラバージンオイルを加えて風味を出します。しかしながら「オリーブオイル」とラベルに表示することは許されません。



オリーブオイルの役割

オリーブオイルは、艶やかで潤いのアル肌をキープします。クレンジングからマッサージ、ヘアケア、UVケアまで、天然成分が美肌作りをサポートします。オリーブオイルには多数の栄養素が存在し、肌にも優れた効果があります。

ビタミンA、ビタミンE、ポリフェノール、スクワレン、食物繊維、葉緑素は、血行を促進し、細胞の再生を促し、シミ、シワ、肌荒れや吹き出物などを予防します。オレイン酸は、角質の潤いを保ちセラミドを補うので、しっとりとつやのある肌を保つ手助けをします。


オリーブオイルケア法

ふけ症、抜け毛のある方

週に1~2回、シャンプーの前に小さじ2杯弱のオリーブオイルを頭皮にまんべんなくのばして、熱いタオルで20分蒸します。頭皮や毛穴の酸化した脂を溶かして髪をつややかにします。その後シャンプーで洗い流します。このときリンスは必要ありません。


パーマやカラーリングで痛んだ髪

髪を洗ったあとに、洗面器1杯のお湯にオリーブオイルを1~2滴入れ混ぜます。髪にまんぜんなく濡らし軽くマッサージをし、タオルを巻いて20分おきます。その後、お湯で洗い流します。


オリーブオイルの原産地である小豆島では、オリーブオイルを髪につけて蒸しタオルを巻くという習慣が根付いています。その地域では、住民の髪年齢は、平均よりも2.30歳若いそうです

FC2 美容人気サイトランク

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akirei.blog53.fc2.com/tb.php/18-a6a21e56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。