--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-25

髪の洗い方

洗髪の方針

洗髪について留意すべき点は、洗い過ぎて皮脂を取り過ぎない ことと、シャンプー剤を頭に残留させない ことです。

皮脂を取り過ぎると、かえって皮脂の分泌量が増えてしまいますし、シャンプー剤の成分が頭皮や髪の毛に残ると、頭皮の炎症を引き起こしてしまいます。

お湯だけの洗髪でも時間をかけて念入りにやれば、ある程度の汚れは落ちますから、シャンプー剤の使用は2~3日に一度にするのも良いかもしれません。


シャンプーの手順

① ブラッシングをして紙のほつれを解きます。

② シャンプーの前に頭皮全体をすすぎ洗いします。38℃前後のお湯で2~3分行います。これで頭皮の汚れの8割が落ち、シャンプーをしやすくします。

③ シャンプーを手で泡立てます。(500円玉大)

④ 泡を頭に付けて髪と頭皮になじませ、指の腹で頭皮を優しく揉むように洗います。強くこすることは厳禁です。

⑤ 無意識のうちに同じ所を洗い過ぎてしまうことがあります。頭皮全体をまんべんなく均等に洗いましょう。髪の根もとに下から指を入れ、優しく小刻みに動かすと毛穴の汚れが落ち易くなります。

⑤ シャンプー剤を洗い流します。シャンプー剤の成分が頭皮や髪に残留すると、かゆみや炎症の原因になります。ぬるま湯で3分以上すすぐようにしましょう 。シャワーノズルを持っていない方の手で水流を受け止め、手に溜まった水でジャブジャブしながらすすぐと良くすすげます。

⑥ 乾いたタオルで水分を取ります。髪をこすらずに、タオルを押し当てたり、髪をタオルで挟んだりして充分に水気を取りましょう。

⑦ドライヤーを使う場合は乾かし過ぎに注意しましょう。タオルでしっかり水分を取っていれば、ドライヤー使用が低温・短時間で済みます。


頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、頭皮の緊張を解き、結構の促進のために行います。そもそもなぜ頭皮が突っ張ってくるのかといいますと、頭皮の成長が20代までなのに対して、頭蓋骨の成長は30代まで続くためです。そのため、頭皮が引っ張られるような形となり、血行悪化が起こり、発毛に悪影響を及ぼします。

頭皮マッサージはそのような事態を防ぐために行います。一番血行障害が起こりやすいのは、頭のてっぺんです。ここに血流が行くようにしたいのですが、てっぺんを強く揉むのは返って悪影響を及ぼします。もみ上げの上辺りを手の腹でつかみ、上に上げるようにしましょう。そうすると、間接的に頂点の頭皮も緩み、血行が促進されます。

FC2 美容人気サイトランク
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akirei.blog53.fc2.com/tb.php/20-e99452aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。