--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-25

体脂肪とは

体脂肪と体重は別物

よくダイエットにおいて体重を気にされる方がいらっしゃいますが、本来ならば体脂肪を気にする方が大切なのです。肥満というのは、体脂肪が高い状態のことを言いまして、ダイエットとは体脂肪を落とす事が目的なのです。


体脂肪のメリット/デメリット

ここでは体脂肪を客観的に見ていきましょう。

メリット

1.エネルギーが必要なとき燃焼してエネルギー補給をします。
2.体温を保持します。
3.内臓を正常な位置に保つクッションの役割をします。


デメリット

1.さまざまな成人病の元となる
2.見た目が悪くなる


箇条書きで挙げてみました。体脂肪は体についている以上、必要だから付いているのであって、全く無くなってしまっては上記のようなメリットが得られなくなってしまいます。ですので、ダイエットは、適度な体脂肪率を維持することと言い換えることが出来ます。
デメリットの欄はシンプルに書きましたが、この2つはとってもとっても怖いものです。是非ともダイエットによってこのデメリットを防いでいきましょう。


体脂肪の分類

脂肪には、中性脂肪とコレステロールがあります。中性脂肪は脂肪の大部分を占め、エネルギーに使われます。肉で言うと白く見える部分です。コレステロールは筋肉などの中にあって、必要量を超えると血中に進出します


【中性脂肪】

皮下脂肪
皮膚の下について、細胞の「数」を増やして体脂肪を蓄えていく。たまりにくいタイプの脂肪だが、一度つくと分解されにくいので、なかなか減らない。

内臓脂肪
肝臓や心臓など、内臓の周りにつく。主に、脂肪細胞の「中身」を膨らませて体脂肪を蓄えていく。たまりやすく、分解もされやすい。つまり血液の中に溶け出し、血中脂肪になりやすい。

血中脂肪
血液の中に溶けている脂肪。動脈硬化などを引き起こし、糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病の原因となりやすい


【コレステロール】

HDL(善玉)コレステロール
体のすみずみの血管壁にたまった悪玉コレステロールを抜き取って肝臓に運んでくれ、動脈硬化などを予防する


LDL(悪玉)コレステロール
肝臓のコレステロールを体のすみずみに運ぶため、血管壁にこびりつき、動脈硬化を促進する

FC2 美容人気サイトランク

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akirei.blog53.fc2.com/tb.php/21-acfce0e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。