--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-25

基礎代謝とは

基礎代謝とは

基礎代謝とは、全く体を動かしていなくても、呼吸や心臓、体温を保つなど様々な生命活動のために常に使っているエネルギーとなります。つまり、「生きていくために最低限必要なエネルギー」のことです。肉体的・精神的に安静であるときに、呼吸器・循環器系や神経系、肝臓や腎臓などの臓器がわずかに活動している状態で使用するエネルギーです。何もしなくてもエネルギーを使用してくれるのですから、ダイエットをしていくためには必要不可欠な概念と言えます



基礎代謝量は何によって決まるのか?

基礎代謝状態でのエネルギー消費が最も多いのが筋肉です。これは、筋肉が脂肪を除いた体の組織の中で約40%を占めているためで、筋肉が多いほどエネルギーがたくさん必要となります。また、体は鍛えることによって筋肉量を増やし、エネルギー消費量を上げることができます。つまり、基礎代謝はその人の筋肉量によって大きく左右されると考えてよいでしょう。そのため、同じ体重でも脂肪が少なく筋肉量が多い人の方が基礎代謝は高くなり、消費エネルギー量も多くなります。


また、筋肉以外の要素によっても代謝量は左右されます。基礎代謝は生後、成長するにつれて高くなり、16~18歳前後をピークにその後は徐々に減っていきます。そして個人差はありますが、一般に40歳を過ぎると急激な下降線をたどります。これは加齢によって筋肉が衰えて減少してしまうからです。また、女性は男性より基礎代謝が低い傾向にあります。女性は妊娠・出産という大切な役目があるため、男性よりも多くの体脂肪を蓄えており、筋肉量が少ないことが原因です。


ダイエットにおける基礎代謝

ダイエットにおいてはかなりの重要項目です。一般に筋肉量が多く、基礎代謝が高い人ほど太りにくい傾向にあります。同じ体重でも脂肪率が低く、基礎代謝が高い人は、フル活動中の工場のようなもの。たくさん食べても、どんどんエネルギーが消費され、脂肪が蓄積しにくい状態です。逆に基礎代謝が低い人は、燃料をあまり使わない工場のようなもの。エネルギーをなかなか消費できないため、余ったエネルギーが脂肪として体内にため込まれ、太りやすい状態になります。

FC2 美容人気サイトランク
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akirei.blog53.fc2.com/tb.php/23-d349d1a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。