--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-25

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは?

なかなか難しい名前ですね。これはいわば、ビタミンCを吸収しやすくしたものです。一応構造を書いておきますと、ビタミンCにリン酸という成分を結合させて安定化したものということになります。このリン酸結合がお肌の表面で取れて、ビタミンCの浸透を助けます。誘導体には2種類あり、水溶性と油溶性に分けられます。


「水溶性ビタミンC誘導体」は、純粋なビタミンCに比べ、約8倍の量が肌細胞に取り込まれ、真皮での効果は12時間持続します。一方、「油溶性ビタミンC誘導体」には、純粋なビタミンCに比べて約20~30倍、水溶性ビタミンC誘導体に比べて約3倍の浸透力があり、その効果は24時間持続します。油溶性は水溶性よりも肌への吸収が良いため、ビタミンC誘導体としては、油溶性のものがもっとも効率が良い、といわれています。


水溶性は主にローションタイプ、油溶性は主にクリームジェルタイプに使われています。


FC2 美容人気サイトランク
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akirei.blog53.fc2.com/tb.php/55-9e4d5da2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。