--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-10-10

肌と食事の関係

食事は肌にとって大きな影響を与えます。食品、食べ方により、みずみずしく、張り、つやのある肌をつくりだし、美容と健康的なからだを保つことが出来ます。同年齢の人よりシミやシワの数を減らしましょう。


肌と食事のポイント

細胞に活力を与え張りのある肌を作るには、コラーゲンを多く含む鶏の手羽先・牛や豚のすね肉ウナギ、イワシ などのたんぱく質と皮膚や粘膜を丈夫にして粘液分泌をよくする緑黄色野菜のビタミンA、野菜や果物に含まれるビタミンCを一緒に食べることで作られます。

カツオやカジキマグロに多く含まれるニコチン酸や胚芽やアーモンドに含まれるビタミンEは、血液の流れをスムーズにして皮膚に栄養を与え、肌に潤いと張りを持たせます



肌をつやつやにする食事

肌を美しく保つリジン の多いサヤエンドウやグリンピースを手羽先の煮込み料理と組み合わせて食べましょう。

海の野菜でミネラルたっぷりの昆布 や食物繊維の多い干ししいたけ、大根をすね肉とじっくり煮込んで食べましょう。



食事に関する注意点

朝食後、特に腸の蠕動運動が起こりやすいので、朝食に十分時間をとりましょう 。そして、排便反射を無視しないで、快便、老廃物をからだに溜めないこと。

ダイエットや時間がないからと朝食を抜くと、細胞の新陳代謝がうまく行えなず、皮膚が栄養不足なり肌のつやが無くなります

午後10時から午前2時に成長ホルモンが盛んに分泌されます ので、この時間に睡眠をとると肌は張りや艶を保てます。睡眠不足は肌に大敵。

乳化作用のある温泉(重曹泉)に入ってゆったりとくつろぎ、入浴後10分以内に乳液をたっぷりと塗れば、すべすべの肌が保てます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://akirei.blog53.fc2.com/tb.php/6-1e524f56

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。